新型インフルエンザの防ぎ方最新の記事

2009年新型インフルエンザとは

現在、2009年新型インフルエンザの業況がニュースでも常に報道され注目されています。この2009年新型インフルエンザの世界的流行とは、インフルエンザウイルスの種類がA型、H1N1亜型と呼ばれているもので、これによる流行性感冒、つまりインフルエンザ流行のことをいいます。

このインフルエンザは別名豚インフルエンザとか「swine fluとも呼ばれていて、豚の間で流行していた比較的強いインフルエンザ様疾患状態を伴うもので、このウイルスが農場などにおいて豚から人に直接感染し、更に人の間で広まったと考えられています。

こんな状況下、日本では当初、感染者は強制入院の対象となっていたのですが、それは感染症予防法第6条第7項の「新型インフルエンザ等感染症」の一つに該当すると見なされていたからです。しかし、2009年6月からは厚生労働省が方針変更し、この扱いは現実的ではないので廃止され、今は季節性インフルエンザと同様の対策レベルとなっています。

世界的に流行したのは2009年4月にメキシコでの流行が認知された後からで、2009年6月に世界保健機関(WHO)が、世界的流行病(パンデミック)だという宣言をして警戒水準をフェーズ6に引き上げたので日本もそれに準じた経緯があります。

老齢者の一部には免疫があるとされており、過去に流行した可能性も否定できません。以後、メキシコにおける感染死亡率が非常に高いと報道されてから緊張度が増したのです。

新型インフルエンザの防ぎ方について

新型インフルエンザは季節性インフルエンザよりも重症化しやすいのかといえば、年齢や基礎疾患によっても異なりますし、ウイルスの感染力や病原性等についても現時点ではまだ未解明な点もありますが、春の時点では季節性インフルエンザと同様に感染力は強いですが、多くの患者が軽症のまま回復していました。
カテゴリー
更新履歴
2009年新型インフルエンザとは(2015年3月11日)
新型インフルエンザの症状(2015年3月11日)
マスクは予防の基本(2015年3月11日)
手洗いで新型インフルエンザの予防(2015年3月11日)
身近な予防、うがいの励行(2015年3月11日)